遠隔操作の可能性                                      トップへ戻る



○店員がパチスロ機にキーを差し込んだだけで直るような、原因不明のエラーが出る(スロットの場合)。実際、機械の中を開けてみても、何のトラブルもなく、適当にお茶を濁している場合も要注意。

○普通はありえないような終わり方でパチンコの確変が終わる。例えば、CRエヴァンゲリオンで、ノーマルリーチでそのまま単発図柄が停止し、再抽選がないような場合。

○アルバイトの店員とは制服の違う、社員と思われる店員が、確変中に背後でインカムを使った後、連ちゃんが終わる。パチンコ台のガラスに反射している背後の状況にも気を配ろう。

○初心者が始めてホールに行き、遊び方を店員や友人に聞いた後、ビギナーズラックが訪れる場合。こういうケースは非常に多く報告されていて、偶然の確率をはるかに超えている。店員を呼ぶ時は、台ランプを使わず、手を振って呼ぶのがポイント。

○当日に何回も大当たりをし、なおかつ、明らかにロムの状態が良いのにも関わらず、グループ内での大当たりを何回も飛ばされる。

○朝一以外で、シマでの客が自分だけ、もしくは数人しかいないのに、大当たりをして、そこそこ連ちゃんする場合。ホルコンの性質上、普通はありえない。


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー