ホルコン攻略法(パチスロも基本的には同じ)                 トップへ戻る



 某メーカーのサイトにあったパチスロ用の出玉制御コンピューターの広告


○まずは、自分の行く店が、どういったグループ構成なのかを把握する必要がある。出来れば、しばらくは打たずにホールを観察した方が良い。店選びは、出玉移動、共有が自由で、平日でも客入りの良い、大型店が望ましい。少なくとも複数店舗を調査しておくことが必要である。単一店舗ではまず勝ち目はない。客が数人しかいないシマでは、通常ホルコンによって、出玉が抑制されるので、そこでジャンジャン出している人間がいたら、店による遠隔操作の結果か、店の雇った打ち子、サクラの類である。

○並び構成なのか、ケツ番構成なのか、まずはそれを調べる。出来れば大当たりの多い時間帯を狙って偵察に行くのが良い。それなりに客付きの良い店を選ぶことは大切な前提条件である。11〜13時、17時〜19時が最も大当たりしやすい時間帯である。大当たり中、確変中、時短中、の台のナンバーランプの番号をチェックする。

○ケツ番か並び番かを見分けることが、最も重要な作業となるので、慎重に作業をする必要がある。ケツ番の場合はそれほど重要ではないが、並び番の場合、何台構成かが問題となる。4〜5台構成でなければ、端数台がある可能性が高いので、端数分は、向かいの台とのグループ構成を疑ってみる。

○グループ内で当たりが出ているグループ(アクティブなグループ)を選び、次に当たり番が回ってきそうな台で遊技を行う。当たりを2回飛ばされるようなら、ロムの状態が悪いので、台を変わる。グループがアクティブな状態で、スーパーリーチが連続し、ステップアップ予告が頻発するようなら、ハマリ台でなければ、当たり番の移動時に、当たりが回ってくる可能性が高い。

○基本的には、割り数の高そうなシマで、ロムの状態が良い台が多いグループを選ぶ。アクティブではなくても、優秀グループなら、ロムの良さそうな台で、大当たりの信号がグループに来るまで粘ってみるのも良い。選んだグループに当たり信号が来ず、他のグループにばかり当たりが回るようなら、割り数の変化によってロムの状態が変動していることが予想されるので、グループ、もしくはシマを変わる。

○ホルコンによる当たりグループの抽選は、だいたい各時間の0〜5分、15〜20分、30〜35分、45分〜50分の間に行われることが多いが、ホールによっては微妙に時間をズラしている場合もある。従って、アクティブではないグループでは、その時間に合わせて打つことも重要になる。

○大当たりの信号は、空き台に入り易い性質を持つ。従って、当たり番の移動を見計らって、上皿と下皿の玉を抜いておき、台を空けておくことも、有効な方法である。パチスロの場合は上皿を空にしておく。いわゆる、お座り一発という現象は、空き台に当たり信号が入っていることによって生じる現象である。

○空き台に当たりが入り易い性質を利用して、空いている台を500円〜1000円ずつ、横に移動しながら打っていく方法も有効である。出ない台に執着して、何万円もつぎ込むようなことは避けなければいけない。一つの台に使う金額は、せいぜい多くても10,000円までである。平均的には3000〜5000円程度が望ましい。

○連ちゃん性が極端に強い機種は、そうでない機種に比べて、当たり番が移動しづらい。そこそこ連ちゃんする台で、なおかつ当たり番が移動しやすい機種を選んで打った方が、ホルコン攻略法は通用しやすい。


広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー